現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆地球の悲鳴 見て学ぶ◆

▲迫力ある映像で温暖化防止を訴える

 映画「不都合な真実」がヒットしたことも影響したのか、地球温暖化の現状を伝える映像番組が増えている。そこで地球温暖化の環境学習にうってつけの映像教材を見つけた。特定非営利活動法人(NPO法人)「環境市民」(京都市)が企画・制作を手がけたDVDソフト「未来の選択」だ。

 本ソフトは地球で起きている自然の変化から、家庭で温室効果ガスを減らすために何ができるかまでを、動画や写真、グラフなど約60点を使用して5部構成にまとめている。

 例えば、スイスアルプスの氷河が約15年間で約2割も消滅している様子。カナダ北部の湾内でタテゴトアザラシの子どもの生活の場となる氷が少なくなり、今年生まれた子は年内にはほぼ全滅すると推定するシーンなどは、映像を交えて語られると非常に説得力がある。

 私たちができることも具体的に示している。例えば、自動車や家電製品は製造時より使用中に排出する二酸化炭素(CO2)の方が圧倒的に多いため、省エネ型製品を選ぶよう薦める。消費者が環境に配慮した商品を選ぶことで、供給側も環境分野でしのぎを削ってエコ商品が増えていくというグリーン市場拡大を訴えている。

 本ソフトの映像やグラフは地球の悲鳴であり、衝撃的だ。環境に配慮した消費者になるきっかけとするため、夏休みに家庭での観賞をお薦めしたい。

  DVDは約31分で、値段は2,100円。

 同団体のホームページはhttp://www.kankyoshimin.org/

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2007/8/11(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.