現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆寿命長いLEDランプ◆

▲明るさは蛍光灯と変わらない

 少ない電気で明るく照らすことのできる蛍光灯は省エネ型照明の代表格。ただ、課題は寿命を迎えた後の処理だ。微量の水銀と鉛が使われているため、使用後に専用施設で廃棄やリサイクル処理をする必要がある。

 こんな心配をしなくて済みそうな照明を見つけた。発光ダイオード(LED)製品開発のモモ・アライアンス(岡山市)が今月から販売を始めた「ルミナージュ・チューブ」は、従来の蛍光灯の差込口に差し込んで使えるLED照明だ。

 採用したLEDは一個当たり1Wを超えるハイパワーLED。このLEDを使用する場合、熱をいかに逃がしてやるかが課題だったが、同社では空気の対流現象を利用して放熱させることで商品化にこぎつけた。蛍光灯だと管の周囲が均等に明るくなり、背後の反射板で明かりを増幅するが、「ルミナージュ」は基盤の背面にLEDをつけていないため、一方向だけを照らし出す点も特徴だ。

 明るさは蛍光灯と変わらないが、寿命は蛍光灯の8〜10倍。取りかえる手間がかからず、ゴミ削減にもつながる。有害な水銀や鉛は使われておらず、重量の9割以上をアルミとプラスチックが占める。ドライバーで分解できるため、使用後は分別して捨てることも手軽にできそうだ。

 40Wが2本組で8万4千円、20Wが同5万2,500円と高価な点がネック。普通の人はやや尻込みしてしまうだろう。ただ、省エネ型照明の未来を照らしてくれそうな商品として今後に期待したい。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2007/3/31(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.