現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆廃材使った木製玩具◆

▲自然素材のよさを生かした玩具

 もうすぐクリスマス。子どものプレゼントにうってつけの、エコロジカルな玩具を見つけた。玩具メーカーのバンダイが2月から販売している木製玩具の「Recolo」(レコロ)シリーズだ。

 実はこの玩具、タイ国南部にあるゴム農園の木の廃材から作ったもの。ゴムの木は天然ゴムを採取するために栽培されているが、約25年で樹液を出さなくなるため、燃料用の炭に加工される一部を除いて焼却処分されてきた。

 だが、燃やすのはもったいないと考えた地元玩具メーカーのプラントイ社(バンコク)が25年前から玩具作りに着手。白木で固く、緻密(ちみつ)な加工に向くゴムの木の特性を利用し様々な商品を作ってきた。この実績を評価したバンダイは同社に製造を委託し、このシリーズの輸入販売をしている。

 原木は木くずなどを燃やした温風で乾燥させるだけで、防虫剤や防腐剤などは使わない。日米欧の安全基準をクリアした塗料を使い、幼児がなめても心配はいらない。

 同商品の対象年齢は1歳から。人気アニメ「それいけ!アンパンマン」に登場するキャラクターの人形など全部で12種類あり、値段は2,625〜1万3,650円だ。キャラクター商品を多く扱うバンダイではプラスチック製品が多く、木製玩具は珍しい。木の触感やぬくもりが伝わる木製玩具は自然からの贈り物といえそうだ。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2006/12/16(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.