現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆家電買い替え時には◆

▲CO2削減量が一目で分かる

 家庭から出る二酸化炭素(CO2)の量は一世帯当たり約5.5dといわれる。京都議定書で日本は温暖化ガスを6%削減すると約束しているが、家庭からの排出はむしろ増加傾向にあるという。

 家電製品の買い替えは、家庭から出るCO2を大幅に減らす絶好のチャンスだ。メーカーの努力によって、エアコンや冷蔵庫の省エネ性能が年々向上しているからだ。

 買い替え時に役立ちそうなのが政府が音頭をとる「チーム・マイナス6%」のホームページにある「ECOシュミレーター」。

 販売店では家電製品の省エネ基準達成率や年間電力使用量の目安を表示しているが、CO2排出量の表示はほとんどない。このサイトではエアコンと冷蔵庫について、新機種に買い替えた場合のCO2削減率をたちどころに調べられる。

 まず現在使っている製品のメーカー、発売年などを選択。次に買い替えを検討している機種のメーカーなどを選ぶと、消費電力量、電気代、CO2排出量を比べた結果と削減率が自動的に算出される仕組みだ。

 エアコンの場合、冷房能力を同じ条件にすると新しい機種ほどCO2を削減でき、9年前の機種と比べて約40%減らせるケースもあるようだ。冷え込みの厳しいこの季節、エアコンの買い替えに役立ててみてはいかがだろうか。ホームページはhttp://www.team-6.jp/kaikae/

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2006/12/9(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.