現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆カフェにも水筒持参で◆

▲持参した水筒にコーヒーも詰めてもらえる

 うだるような暑さが続き、歩くだけでびっしょり汗をかくこともしばしば。この時期は水分補給が欠かせない。今やペットボトルや缶入り飲料はどこでも買うことがきるが、水筒の携行がおすすめだ。象印マホービンでは、水筒を携行するキャンペーン「マイボトルでどこでもカフェ」を4月から始めた。

 水筒の中身を外出先でも気軽に補充できるように、東京と大阪市内のカフェなどに協力を依頼。6店舗に魔法瓶のイラストが描かれた「給茶スポット」のステッカーを表示し、マイボトル持参者にはコーヒーなど好みのドリンクを有料で提供する仕組みだ。協力店舗のひとつ「カフェ・デ・プレ広尾」(東京・港)では、コーヒーを400cc 500円で提供してくれる。店内で飲むより割安だそうだ。

 象印はボトル内部の洗浄方法や、腐敗の進みやすい乳飲料を入れないなど配慮事項を記載したマニュアルも協力店舗に配布。安全衛生にもぬかりはない。

 同社では年内に福岡や名古屋などにも拡大していく予定。大手コーヒーチェーン店では自前容器に詰めてくれるサービスをすでに実施しているが、街中のコーヒーショップなどでも対応してくれるようになれば便利だ。魔法瓶は通年で使うことができ、こまめに洗浄するなど大事に使えば10年以上は使い続けられる「長寿命容器」でもある。自前容器の持ち歩きは、大量消費社会の重要な処方せんにもなりそうだ。

 ホームページはhttp://www.zojirushi.co.jp/cafe/index.html

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2006/8/12(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.