現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆検定で環境の知識試す◆

▲70点以上で合格だ

 最近は民間レベルの環境問題への取り組みも増え、意識の高い人がどんどん増えていると思う。自分の環境に関する知識レベルがどの程度なのか、気になる人も多いはずだ。

 そこで注目したいのが、東京商工会議所が10月15日に実施する「環境社会検定試験(eco検定)」。これまで環境カウンセラーなど専門的な資格試験はあったが、eco検定は基礎的な知識や考え方を評価するのが目的だ。「環境教養」を試すには絶好の機会といえるだろう。

 参考書「eco検定公式テキスト」(2,625円)が既に発売されており、温暖化などの地球環境問題から、自然と健康に配慮した食卓に関することまで広く網羅している。

 2時間の試験で出題されるのは、この公式テキストの内容と応用問題、時事問題など約50問。マークシート形式で解答する。100点満点で70点以上とれば合格となり、得点を記した成績票と合格証を手にする。全国各地の商工会議所と協力していて、19の都道府県で受験可能。7月25日から8月25日までの期間、ネットと電話で申し込める。受験料は5,250円だ。

 地球環境問題を解決するには、技術の発展や法制度の整備なども確かに重要だが、最終的にはそれを利用する一人ひとりが、的確な知識を持って行動できるかどうかにかかっている。検定はそうした知識の「ものさし」になるだろう。詳しい試験の内容はホームページhttp://www.kentei.org/へ。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2006/6/10(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.