現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆CO2削減を促す家計簿◆

▲ガスや電気の使用量もひと目で分かる

 電気やガスなどの使用量を過去の数値と比較する環境家計簿。ライフスタイルを見直すきっかけになるが、普及はそれほど進んでいない。過去の使用量を入力する手間がかかるうえ、目標が定めづらく、なかなか長続きしないという声を聞く。

 その点、東京ガスが3月1日からインターネット上で提供を始めた「my環境家計簿」を使えば、家庭でも気軽に二酸化炭素(CO2)の排出削減を意識して省エネに励めそうだ。東京ガスと契約する世帯なら誰でも無料で利用できる。希望者は東京ガスから届く検針票の「お客様番号」を入力して登録。すると2005年以降のガス使用量の月次データが自動的に表示される。あとは毎月、電気や水道、灯油の使用量、住居携帯や世帯人数を入力すれば、その家庭が輩出するCO2量を表やグラフで把握できる。

 日本は温暖化ガスの排出削減を決めた京都議定書で、CO2を1990年から「6%削減する」ことが義務づけられている。そこでこの家計簿には、東京ガスが試算した90年当時の一般家庭の平均CO2排出量と、現在の排出量を比較できる機能も搭載した。増減率が算出されるので、自分の家庭がどのくらい省エネに努める必要があるか、ひと目で分かる。

 産業界が企業努力でCO2排出量を抑制している一方、過程の排出量は増加傾向。個々の家庭でも目標をクリアする意気込みを持ちたいものである。ホームページはhttp://home.tokyo-gas.co.jp/mytokyogas/

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2006/3/18(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.