現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆身近に里山の緑を◆

▲このプランター3つで1坪分の里山を再現できる

 関東の里山では野鳥のさえずりが増え始め、木々の新芽がもえる春の始まりを告げているように聞こえる。里山は自然と人間が長年にわたって共生してきた環境のモデル地域のようなところ。その里山の自然を都市在住でも身近に置いてもらおうと、企画会社パンゲア(東京・渋谷区)が新しいタイプのプランターを販売している。

 同社の「5×緑(ごばいみどり)」は、プランターの上部だけでなく各側面を加えた計五面に植栽できるよう工夫してあるのが特徴。上部には田んぼのあぜ道に生えるオミナエシやツユクサなど15種類以上を植え、側面にテイカカズラなどつる植物を絡ませている。福島や茨城で育てた在来種をメーンの草木として加え、里山にみられるような多様な植生を再現している。

 土壌は軽くて保水力の高い「アクアソイル」を採用した。水やりだけで肥料をやる必要はなく、ベランダにも置ける。サイズは各辺20センチのキューブ型から幅80センチまで8タイプ。植栽も常緑や花が美しいものなど7シリーズある。価格は20センチのキューブ型で1万8,900円。植生がかく乱しないよう、配送エリアは関東を中心とした一都八県に限っている。

 定番サイズのユニットを組み合わせていけば、庭先に里山ガーデンも簡単に作れそうだ。里山とのつながりを感じながら、都市の緑化を広げたい。ホームページはhttp://www.gobaimidori.jp/shop/index.html

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2006/2/25(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.