現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆エコホテルに泊まろう◆

▲カタログで環境に配慮したホテルが選べる

 家族旅行や出張など、旅先の疲れを癒してくれるホテル。どこに泊まるかは旅の良し悪しを決める重要なポイントの一つだが、環境にやさしい宿かどうかも気にかけて選びたいものだ。

 近畿日本ツーリストは昨年4月から、自社発行のカタログ「リラックスイン」に環境に配慮した「エコホテル」が一目で分かるマークの掲載を始めた。

 マークは葉っぱの形で、「エコメイト」と呼ぶ。掲載された全ホテルを対象にアンケートを実施。その結果をもとにエコホテルを選定し、配慮の度合いで1から3の三段階に分けた。ホテル名の横にある葉っぱの枚数でレベルが分かる仕組みだ。

 エコメイト1は「環境に取り組みます」と宣言したホテル。ごみの削減や在室時のみ通電するシステムの導入など、具体的な内容をいくつか示すとエコメイト2になる。最高レベルのエコメイト3を得るには、ISO14001など第三者機関に認定される必要がある。まだエコメイト1が多く最高レベルは4軒しかないものの、掲載537軒のうち4割強の236軒に葉っぱマークが付いている。

 今月7日には今年4月以降のプランを掲載した新パンフレットが店頭に並ぶ予定で、シティーホテル版も加わる。

 徐々に増え始めているエコホテル。全施設がエコメイトマークを付けてレベルを競い合うのが理想だ。成熟するかどうかは旅行者側の選択にかかっている。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2006/2/4(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.