現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆CO2でエコクリーニング◆

▲装置の中で二酸化炭素が汚れを落とす

 自宅での洗濯が難しい背広やコートに便利なドライクリーニング。色落ちや形崩れが少ないのが利点だが、石油系の有機溶剤を使うため肌が敏感な人にとっては皮膚トラブルが心配だ。仙台市のオートランドリータカノは、人と環境に優しい新たなクリーニング法として二酸化炭素(CO2)を使った手法の試行を始めた。

 ちょっと難しいが、「超臨界炭酸ガスドライクリーニング」と名付けられた新手法の原理はこうだ。密閉された装置の中にCO2を充てんし、31度に過熱する。すると中の圧力が高まり、CO2は液体並みに高密度かつ気体ように自由に動き回る「超臨界」と呼ばれる状態に変化。これを衣類に高速で吹きかけると、繊維の中まで入り込んで汚れを落とすという。

 汚れを溶かしたCO2は装置の別の部分に回収。減圧すると元の気体と汚れとに分離する。CO2のほとんどは回収して再利用するので、大気中に放出する心配は少ない。洗剤を使わなくても油汚れを溶かす力は従来の石油系溶剤と同等以上。装置の中で回転させたり乾燥させたりする必要もなく、電気の使用が従来より少なくて済むとしている。

 同社は3月いっぱいまでアトピー性皮膚炎や化学物質過敏症の人に限ってモニターを募集。アンケートへの回答を条件に、実費(原価)と送料のみでクリーニングを受け付けている。CO2を応用したこの新技術。エコクリーニング時代の幕開けを予感させる。ホームページはhttp://www.takanogroup.co.jp/

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2006/1/28(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.