現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆トイレ掃除の助っ人◆

▲微生物が徐々に溶け出し、トイレについた汚れを分解する

 そろそろ大掃除の時期。トイレの汚れがこびりついてなかなか落ちないと、日ごろのメンテ不足を反省することになる。こんな思いを来年からしないための強力な助っ人になりそうなのが、明治製菓が開発したトイレ洗浄消臭剤「ダカラビセイブツ」だ。自然界に広く存在する納豆菌の仲間の枯草菌が、便器に付着する汚れやにおいの成分を水と二酸化炭素に分解してくれる。

 この消臭剤をタンク上部の手洗い部分やタンク内に入れると、微生物がぬめりを分解しながら食べていく。水を流せば今度は便器についた汚れにとりかかり、効果は配水管までに及ぶ。早ければ数日、遅くとも1ヶ月で効果が実感できるという。微生物が次々と送り込まれるため普段の掃除は軽く済ませられるし、汚れも付きにくくなるというから一石二鳥だ。

 同社は台所や風呂場の排水溝に直接流し入れる液状タイプをすでに販売している。トイレのタンク用に、徐々に溶け出す固形タイプを作ろうとしたが、開発は難航。試行錯誤を重ねた末、2年かかってようやく商品化にこぎつけたという。

 水温によって差があるものの4人家族なら1個で1ヶ月から1ヶ月半は使える。プラスチックの専用ケースに入った45gで840円。詰め替え用は2個入り1,050円。

 一般の洗剤を使うのに比べ、水環境に優しいこの消臭剤。緩やかに効く微生物の力を頼りにする暮らし方も悪くない。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2005/12/17(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.