現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆太陽光パネルを再使用◆

▲改築などで使わなくなったパネルを下取りし、格安で提供している

 環境に負荷をかけずに電気をおこせると人気が高まり、導入が進む太陽光パネル。40年程度の長い寿命があるが、改築やリフォームで付け替えを余儀なくされるケースも少なくない。まだまだ現役のパネルを無駄にしないようにと、太陽光発電システムの販売を手がけるネクスト・エナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は10月、リユース事業を開始した。

 

同社は中古の太陽光発電装置の下取りと販売を実施。ホームページ(http://www.pvrecycle.com/index.htm)に中古物件の情報や在庫の未使用品を掲載し、定価より安く提供している。

 太陽光パネルの性能のメーカー保証は設置後10年以内で新品が備える発電能力の8割以上だが、同社の独自技術を使った査定の結果、これを下回っても原則買い取ってくれる。下取りしたパネルは表面にクリーニングなどを施し、最長5年の保証を付けて販売。価格は設置工事費を含めて新品の6割程度という。

 太陽光発電が普及し始めてほぼ10年。現在は約20万戸が利用していると言われる。同社は接続機器やパネルの劣化が気になり始めた家庭向けに、性能をチェックするサービス「太陽光発電のお医者さん」も始めた。

 パネルの素材をリサイクルする技術はまだ確率されていない。不用となったパネルをごみにしないため、同社の提供するようなリユースシステムはこれからはなくてはならない存在になる。観光に優しい太陽光発電のパネルをとことん有効活用していきたいものだ

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2005/12/10(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.