現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆充電式電池の効用◆

▲電池も繰り返し充電して使えばごみを大幅に減らせる

 デジタルカメラなどの普及で充電式電池の容量が大幅に増え、性能も高まっている。充電して繰り返し数百回使える充電式は、使い切りタイプに比べてごみを大幅に減らすことができる。大いに利用が増えてほしいものだ。

 ところが充電式のシェアは、使い切りタイプに比べてまだまだ少ないのが実情。現在1年に廃棄される使い切り電池は約7万トン。23億個分に上るという。処理コストがかさむためリサイクルに回される量も限られているようだ。

 これまで充電式ニッケル水素電池は放電量が多く、放っておくだけで残量が減ることなどから敬遠されがちだったが、最近は大幅に改良されている。この機会に一度試してみてはいかがだろうか。

 例えば三洋電機が14日に発売した単三型の「エネループ」。電極部分の材料を全面的に見直すことで放電ロスを1年間で約15%に抑え、電圧も低下しにくいという。従来型は1年放置すると大部分が放電してしまうというから、飛躍的な進歩だ。緊急時に使う懐中電灯などにも安心して使える。さらに充電可能回数も約千回で、これまでより大幅に増えた。価格は2個入りで1,155円。来年1月下旬には単四タイプも発売する予定だ。

 電池製造時にかかるエネルギーなどの環境負荷は使い切りタイプとほぼ同じ。とはいえ千回存分に使って寿命を迎えたら販売店などでリサイクルにも回せる。エネルギーの循環を意味するこのエネループ。家庭内で気軽に利用できる環境にやさしいリターナブル乾電池といえそうだ。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2005/11/26(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.