現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆エコドライブで節約も◆

▲燃費の悪い走り方をすると警告音が鳴る

 原油高騰のあおりを受け、車のガソリン価格も高値が続く。少しでも燃費のいい運転を心がけたいもの。無駄な出費を避け、排ガス抑制にも貢献する「エコドライバー」の強い味方になりそうなのが、自動車関連用品メーカー、ピボット(長野県松本市)が8月下旬に販売開始した「e-drive」だ。

 車のガソリン消費が加速や減速の度合いと比例することに着目。装置に理想的な加速・減速のデータを組み込み、その限度を超すと表示画面が点滅して「ピーピー」という警告音が鳴るようにした。急発進・急ブレーキを控え、速度を一定に保つといった「エコドライブ術」が身に付き、初心者なら大幅な燃費改善につながるという。

 使い方は電源をシガーソケットに差し込み、車の速度信号を伝える線につなぐ。マニュアルに従って1リットルあたりのガソリン単価やこれまでの平均燃費などを入力すれば設定完了だ。画面には運転中の加減速の状況のほか、使用したガソリンの量や料金などのデータ9種類が表示される。装置本体の大きさはたばこの箱半分程度とコンパクトで、本体価格は1万290円。

 100点を満点とする「エコドライブ診断機能」もついている。常時90点以上をマークすればエコドライブの「免許皆伝」といってもよさそうだ。エコドライバーを自認する人は改善点のチェックに、これから目指す人は省エネ運転の習慣づけに役立てたいものだ。ホームページはhttp://e-drive.org/

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2005/9/3(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.