現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆エコ浴槽は魔法瓶仕様◆

▲6時間経過しても温度低下は2度と保温性能を高めた

 寒さがこたえるこの時期、就寝前に身も心も温めてくれるお風呂の存在はありがたいもの。しかし家族の入る時間がまちまちな家庭では、多少環境への負荷も承知しながら追い炊きせざるを得ない。

 冷めづらい浴槽なら費用も安く済むし、環境への負荷も少なくて済む。こんな期待にこたえてくれそうなのがTOTOの「フローピア魔法びん浴槽シリーズ」だ。

 浴槽の保温性を確保するために浴槽の構造を徹底的に見直した結果、たどりついたのが魔法びんのような二重断熱構造。中は真空ではないものの、内断熱層には発泡スチロールを用いた。浴室全体の強度にもかかわる外断熱層には自動車バンパーの芯材にも使われている丈夫な発泡ポリプレピレンを採用し、バスタブを囲っている。浴槽のふたもウレタンをしん材に用いて熱を逃がさない完全装備だ。この結果、厳しい冬でも6時間たっても温度低下は2度と、従来の4倍の保温性能を確保した。

 浴槽を包む断熱材はいずれもリサイクル可能。昨年8月に2タイプを発売したが予想を上回る反響で、今年はラインアップを充実させ6タイプになる予定。価格も据え置きで0.75坪用で82万円から(工事費抜き)となっている。新築時だけでなくリフォームにも対応できる。

 追い炊きを抑える効果は燃料費に換算して年間5千―1万円の節約になる。翌朝の残り湯は35度前後と温かく、洗濯水に使えば汚れも落ちやすくなるほか、夏場には行水もできそう。思わぬ節約効果を通じ、水回りの環境対策を考えるきっかけにしたいものだ。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2005/1/29(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.