現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆クリーン電力普及へ証書◆

▲グリーン電力証書付きの分譲住宅「FRANCA」

 二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーとして期待される太陽光や風力。ただこれらを利用した発電装置を自宅に設置するには多額の費用がかかる。大規模な発電施設の建設も思うように進まないのが現状だ。

 クリーンエネルギーの普及をサポートしようと、日本自然エネルギー(東京・中央)が考え出したのが「グリーン電力証書」だ。仕組みは二酸化炭素を排出しないという社会的な価値を証書化。クリーンエネルギーを生み出す発電所に発電量に応じた金額を払ってこの価値を仕入れ、クリーンエネルギー開発に賛同する企業などに販売する。発電所は証書と引きかえに得た資金を元手に発電所の建設などに役立てることができる。クリーンエネルギーを開発する上での一種の協賛金のようなものといえる。

 従来は環境対策に熱心な企業が購入の中心だったが、最近では建売住宅販売も手がける東武鉄道が東武東上線「つきのわ駅」(埼玉県滑川町)周辺でこのシステムを組み込んだ分譲住宅「FRANCA(フランサ)」の販売を4月から始めた。発電元は都内の下水処理施設。水質浄化の過程で発生するメタンガスを集めて発電したクリーンな電力だ。

 フランサでは門灯や緑道照明にも小型の太陽光発電装置を標準装備しており、居住者の環境を守る意識も高まりそうだ。電気浪費の免罪符としないことは大前提だが、二酸化炭素を出さない電力を応援するエコファミリーが増えれば、地球温暖化の拍車に待ったをかける日も早まるに違いない。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2004/9/18(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.