現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆レジ袋削減するレシート◆

▲レシートに「レジ袋不要」の印字をする

 年間約300億枚が使われているというスーパーなどのレジ袋。自分で買い物袋を持参すれば貴重な石油資源の無駄遣いもなくなるというものだが、相変わらずレジ袋をあてにする人が後を絶たないのが現状だ。

 レジ袋の無駄使いを止める有効な手段はないものか――。市民環境団体のエコデザイン市民社会フォーラム(名古屋市中区)が2月の1カ月間、愛知県岡崎市内の自然食品店の協力を得て実施した実験は示唆に富む。

 この実験ではお店が発行するレシートを活用。レジ袋を断った客のレシートには会計欄の下に「レジ袋不要」の印字が打ち出されるようにした。印字がついたレシートには枚数に応じて(6枚、4枚、2枚の3コース)抽せんで空気清浄機などの景品があたる特典を設定。この結果、レジ袋の配布量を約1,300枚(56%)減らすことに成功した。この数は二酸化炭素(CO2)に換算すると130kgに相当するという。このCO2削減効果はインターネットで公表。毎日更新してきた。

 同フォーラムでは六万軒のお店が同様の取り組みを1年間継続すれば、来年2月に地元で開催される「愛・地球博(愛知万博)」の建設工事や期間中のエネルギー消費によって排出されるのと同量のCO2が削減できると試算している。7月からは地元のスーパー3店もこの実験に参加する予定だ。

 地球に優しく、自分もお得なエコレシートの普及で、半ば習慣的にもらってしまいがちなレジ袋を減らしたいものだ。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2004/5/29(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.