現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆間伐材でエコハウス◆

▲トンカチではめ込むだけ

 国土の約7割を占める森林。多くの動植物をはぐくみ、地球温暖化の原因である二酸化炭素の大事な吸収源でもある。しかし森は間伐などによって人手をかけなければ荒れてしまう。

 間伐材を無駄にせずに家の壁や床などに再利用しているのが製材メーカーのつみきハウス(宮崎県高千穂町)だ。10年以上試行錯誤を重ね、間伐材をブロック状にして積み木のように組み立てる工法を開発。施工も手がけ、これまでに約200の「つみきハウス」を手がけた。

 直径12センチ以上の間伐材を長さ30センチ、幅と高さが6―7センチのブロックに成型(重さは300―500グラム)。相互にかみ合うように凹凸をつけたものを5種類そろえている。ログハウスのように90センチ間隔でボルトを使い、要所を締めるので強度も万全だ。

 寸法などを入れた間取りの設計図を送れば、必要なブロックを計算して見積書を返信してくれる。オリジナルとして物置から一軒家まで全部で30パターンの設計図も用意している。材料費は1平方bあたり1万8,900円。

 最大の特徴は施工が簡単なこと。基礎部分をコンクリートなどで固めれば、あとはトンカチ一つではめ込んでいくだけ。小学生でも木目レンガ調の家が簡単に造れる。出来栄えにばらつきがないのも大きな魅力だ。

 例えば愛知県豊根村でも地元の間伐材を使った家造りに乗り出すなど、間伐材再利用の取り組みは徐々に広がっている。安価な輸入木材に頼らず、自然と共生するこうした家づくりの取り組みを大きく積み上げていきたいものだ。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2004/5/1(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.