現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆シャンプー量り売りの効用◆

▲髪に合ったシャンプーを探してくれる
(東急ハンズ心斎橋店)

 汗をかきやすい夏には、シャンプーの減りが早いような気がする。洗髪後のさっぱりした気分は捨てがたいが、シャンプーを使い切った後の容器のこともきれいさっぱり忘れてしまうのは感心できない。最近でこそ空になったボトル容器に注ぐ詰め替え式のシャンプーが広まってはきたものの、プラスチック製ボトルはすべて再使用するのが理想的だ。

 化粧品メーカーのマーガレット・ジョセフィン・ジャパン(大阪市)は昨年から、独自に開発したシャンプーを量り売りして、容器を再使用するシステムを導入している。東急ハンズ心斎橋店(同)に「フレッシュシャンプーバー」をオープン。持参した容器に必要な量のシャンプーを入れてもらう仕組みで、自宅から容器を用意して訪れる常連客も増えているという。初めて利用する人向けに別売り容器も用意したので、通りすがりでもOKだ。

 販売するシャンプーは全14種類。香りや洗い上がりのサラサラ感などから好みのタイプを選べるようにした。必要最小限の防腐剤しか使わず、植物など天然原料を主成分にしたので、地肌や髪にやさしいのが特長という。売り場には担当者が常駐しており、検査器で地肌や髪の状態を細かくチェックして最適なシャンプーを勧めてくれるのも心強い。価格は1g5円から。

 同社ではこのシステムを全国に展開したい考えだ。ちょっと懐かしい感じもする量り売り、無駄な容器を使わずにごみの排出量を削減する工夫として、見直してみるのもいいかもしれない。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2003/8/30(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.