現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆ワインびんも繰り返し使う◆

▲12月は販売本数を増やす

 街ではきらびやかな電飾が目につくようになった。「クリスマスの飲み物は?」と聞かれれば、ワインを挙げる人も多いだろうが、実はワインびんはリサイクルでは少々問題児でもある。色がまちまちなので再利用しにくく、土砂の代役として路盤材になるのが関の山。こんなことを考えながらでは、せっかくのワインも心の底から楽しめないのではないか。

 気遣いなくワインを味わってもらおうと、神奈州県茅ケ崎市の酒販組合は、商店会連合会や市民団体と協力、繰り返し使えるびんに詰めた「茅ケ崎ワイン」を販売、びん再使用に力を入れている。市内約80の酒店でのみ扱い、先月は用意した1,800本が三日で完売するヒット商品になっている。

 日本酒向けに開発された統一規格びんを採用。720_g入りで緑色んのびんは、洗ってラベルを張り直せば何度でも使える。税込み価格は1,100円。びんを返せば50円が戻ってくる。酒販組合の青年会長、斉藤直樹さんは「50円なら必ず返してもらえる」と、あえてビールびんに比べて高い金額を設定した狙いを説明する。

 これまで、びんビールを無料配布するなど、繰り返し使えるびん容器のPRを展開してきたものの、反応はいまひとつ。そこで次の手として白羽の矢が立ったのが、世界的にも容器の再利用が進んでいなかったワインだった。

 統一規格びんを扱う全国の酒店に戻せば再使用ルートに乗る。サンタクロースから届いたプレゼントが、環境にやさしいワインだったら、どんなに寒い夜でも身も心も温かくなるに違いない。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2002/12/14(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.