現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆エコ商品で会社のごみ減量◆

▲グリーンステーションで食事もできる

 ごみは暮らしを映す鏡。環境に配慮したライフスタイルを確立する入り口になるのが、身の回りのごみとの付き合い方を見直すことだろう。健康・生活関連図書などを出版する東京法規出版(東京・文京)はごみ減量のため、全社挙げてのユニークな取り組みを進めている。

 まずは現状把握とばかりに、オフィスのごみを徹底調査。社員約90人が出すごみは、 1カ月当たり2―3d。リサィクルに回している紙類が7割を占めたのは予想できたが、びっくりしたのはそれ以外。缶やペットボトルなどの飲料容器は何と約5,000本、弁当や総菜、カップめんの容器などが山のように捨てられていたのだ。年間の処理費用は約360万円に上り、コスト面でも無駄を重ねている実態が明らかになった。

 結果はすぐ全社員に通知、エコグッズをそろえた社内購買部「グリーンステーション」をオープンさせた。扱うのは針がいらないホチキスなどの事務用品から、社員が仕事の合間に食べる食料品まで約70点。会社近くの商店では入手しにくいものばかりだ。

 中でも人気は、大量のごみを出すカップめんの代わりを務める袋入りめん。社内にはどんぶりとはしも用意した。国内産の小麦粉を原料に、かんすいや化学調味料を使わず仕上げてあり、社員の健康にも配慮。価格を90円に抑え、買いやすくしたのもうれしい。

 ごみ減量作戦のスタートで、社員の環境に対する意識も高まっているという。ちょっとした工夫と行動力が、やがて大きな果実を生むことは間違いない。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2002/9/28(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.