現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆地域通貨で環境配慮◆

▲「クリン紙幣」は3種類を用意

 国内に140種類以上あるとされる地域通貨。住民間の交流を広げたり、商店街の活性化を図るアイデアとして続々登場している。北海道栗山町の地域通貨「クリンには、環境配慮の取り組みを後押しする「エコマネー」としての機能にも注目が集まっている。

 クリンは、住民などが運営する「くりやまエコマネー研究会」が発行。参加を希望する7―90歳の町民700人強に3,000クリンを無料配布する。会員が「車での送迎」「犬の散歩代行になど簡単なサービスを他の会員に頼む際、対価の支払い手段として利用できる。 1時間ぐらいかかる仕事一件につき、1,000クリンが目安という。

 地元商店など約70店で買い物をする際、レジ袋を使わなかったり、エコロジー商品を選んで購入したりするとスタンプが一個つく。五個たまれば500クリンと交換できる。平均で一人当たり月に十個のスタンプをため、1,000クリンを受け取っている。これを使って、また用事を依頼できる仕組みだ。

 昨年9月のスタート以降、 1カ月当たりのレジ袋使用量は4,000枚減少。エコグッズの販売も増加しているという。商店側も、浮いたレジ袋の購入費用で、町内への植樹活動をサポートしている。長谷川誓一代表は「今後は環境家計簿なども利用して、環境に配慮した暮らしを広げていきたい」と意気込む。

 人と人をつなぐ地域通貨は、ちょっとした工夫と住民の協力をプラスすれば、環境にやさしい生活を普及させる「グリーンマネー」に変身する。クリンの発想が、各地に広がることを期待したい。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2002/9/7(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.