現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆55年前から環境スリッパ◆

▲乾燥させた皮を適度な幅に裂いて編む

 夏の味覚の一つ、トウモロコシ。黄色い実をガブッとやれば、夏バテ解消に効果絶大だが、気になるのは、調理の前にはぎ取った度の方。ごみにしないうまい手はないかと、つい考えてしまう。

 何と55年前に、すでに妙案にたどり着いていたのが、青森県十和田市の主婦たち。家畜用トウモロコシの皮を乾燥させてつくった「きみがらスリッパ」だ。「きみ」は、この地方の言葉でトウモロコシの意。乾燥させたきみの皮を一枚一枚、わらじを作る要領で丹念に編み込み、スリッパに仕立て上げたのだ。

 かつて軍馬の一大産地として知られたこの地では、飼料用のトウモロコシがあちこちでつくられていたという。この皮を有効に利用し、農閑期の副業にもなればとの思いから、 1947年、主婦の知恵を結集して生み出された。今も38人が技術を受け継ぎ、年間500足を生産している。

 きみ16個分の皮で一足になるが、熟練した人でも、 一日に二足編むのがやっとというほど手間がかかる。その分、軽くて足にもなじみやすく、夏は涼しく冬は暖かい。毎日はいても1年以上使えるなど、耐久性も十分。価格は1,800―2,300円。

 最近のスリッパは、低コストで加工しやすい塩化ビニール製が幅を利かせている。しかし、ごみ処理の観点からすると、燃やせば有害物質が発生したり、埋め立てればそのまま残ったりと、解決すべき課題もある。地域の特長を生かした伝統の技には、大量生産・大量消費型社会を見直す手本になる点が多い。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2002/8/10(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.