現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆再使用できるガラスびん◆

▲ 「Rびん」入り商品がずらりと並ぶ(横浜市内)

 熱戦が続くサッカーのワールドカップ(W杯)に、茶の間でビールやジュースを手に声援を送るフアンも多いだろう。試合から目を離せないのはわかるが、飲み物の容器にもぜひ注目してほしい。試合会場ではもちろん厳禁だが、自宅で手にしているのがガラスびんだったら、あなたは「環境サポーター」の一員かもしれない。

 洗浄して再使用(リユース)できるガラスびんの使用拡大に取り組むのが、全国の七生協が立ち上げた「びん再使用ネットワーク」(東京・新宿)。びんメーカーと協力し一九九四年に共通規格のリユースびん「Rびん」を開発した。

 飲料容器の主役だったリユースびんは、軽くて割れにくい缶やペットボトルにとって代わられ、苦戦が続いていた。しかし、環境負荷の面でみると、製造から廃棄までの過程での排ガスや水使用量は、リユースびんの方が優れている。Rびんは、売り場で劣勢に立たされていたリユースびんを復権させる突破口だ。

 200―1,000ml(_g)入りの7種類をそろえ、紙ラベルを張り替えるだけでジュースやしょうゆ、ジャムなど150品目の容器になる。空きびんは生協の商品配達の際に返す仕組みで、昨年度の回収率は77%に上った。事務局の山本義美さんは「累計で2万3千dのごみを削減した計算。行政がガラスびんリサイクルにかけるコストを約14億円節約できた」と胸を張る。

 Rびんはほかの飲料メーカーなども使用できる。どの飲み物をどんな容器で飲むかは消費者の選択次第だ。リユースびんをくるくる回せば、循環型社会のゴールネットが見えてくる。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2002/6/15(土)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.