現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆カートリッジ式の歯ブラシ◆

▲ブラシだけ取り換えてごみ減量

 歯ブラシの寿命をご存じだろうか。使い方にもよるが、歯科医師はおよそ1ヶ月といっている。ブラシの裏から毛先がはみ出したら、ブラッシング効果は落ちるということだ。歯ブラシメーカーによっては、2週間で替えてもらいたいといっている。

 最近、安価で便利な使い捨て商品が出回っている。考えてみたら歯ブラシも、使い終えたらプラスチックごみとなる。隠れた使い捨て商品なのだ。

 実際、一人1年間に3−4本は使っているのではないか。ごみの量にすると全国で年間約6千トンにも達するという。東京二十三区から出される不燃ごみに換算すれば、4日分にのぼりかねない。かりに歯科医のいうとおりに歯ブラシを交換したら、ごみの量はこの3−4倍にふくれあがる。

  こうした中で、ごみの排出量を大幅に減らす歯ブラシが注目されている。ブラシ部分が取り換えのきくカートリッジ式になっている。名前は「テラデント」。ドイツで生産、輸入されている。

 輸入元のフリセッタジャパン(大阪市)の鈴木宏江取締役は「この歯ブラシを十年間も使い続けている人からは、孫の代まで使えると評価してもらっている。環境面の配慮だけではなく、ブラシや握る部分も工夫している」と語る。

 値段は1本260円。ブラシの部分のカートリッジは4個入りで400円だ。歯は健康づくりの源でもある。しかし健康はより良い環境が保たれなければ維持するのは難しい。保健の分野も環境面を意識した取り組みが進むこと、そして消費者の支持を期待したい。

(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2001/11/20(火)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.