現在のカゴの中   円 ( 個 )

お役立ち情報

◆布団から靴下を再生◆

 自治体が集める粗大ごみで一番多いのが布団だ。約4百万世帯を擁する東京二十三区だけでも一年間に41万枚も出されている。約十世帯に一枚は捨てられている計算になる。

 実は中古布団の約8割はリサイクルのできる良質な資源。しかし、ほとんどの自治体は断裁後、焼却処分にしているのが現状だ。

 布団といえば、昭和30年代までは綿の打ち直しが当たり前。掛け→敷き→座布団の順に、リフォームを繰り返すことで、10年以上も使える長寿命商品だった。

 昨今は打ち直す家庭は少なくなり、使い捨ての傾向にある。実際、全国で打ち直しをする布団専門店はこの10年で約4割も減った。そんな中で、さいたま市の古繊維リサイクル問屋に勤めていた橋本洋一さん(37)は2年間、布団を靴下などに再生するための商品の企画・開発にあたってきた。

 苦労したのは靴下に使う糸だった。愛知県岡崎市の業者と改良を重ね、ふとん綿50%と他の繊維を混ぜることにたどりついた。これにより従来の綿製靴下の2〜3倍の空気保有力を持たせることができた。吸湿・速乾性がよく、保湿機能に優れているのが売りだ。

 ふとん一枚(約5s)から靴下120足を作ることができる。価格は一足200〜300円程度。目下の課題は販路の拡大。橋本さんは独立後も、これに取り組んでいる。リサイクルの輪は再利用してはじめて完結する。ものを手ばなすとき、その代替再生品にで思いをはせる。こんな人が増えると、環境型社会の達成は一気に加速されるはずだ。

▲保温力に優れたリサイクル靴下
(グローカルネイバーフッド代表 後藤浩成)
2001/10/9(火)日本経済新聞(夕刊)「グリーン通信」掲載
贈答品、イベントの記念品用の大量発注や名入れ等、別途お見積もりいたします。何でもご相談ください。
Copyright (C) 2001-2006 Glo-cal Neiborhood Ltd. All rights reserved.